• 商品写真01
  • 商品写真02
  • 商品写真03
  • 商品写真04

RED WING 08070 1930s Sport Oxford [BLACK KLONDIKE]

 1930sスポーツ・オックスフォードは1920年代半ばから1940年代の初めまで、1930年代を中心とする約20年間存在し、その当時のレッド・ウィングのベストセラー短靴であった、スポーツ・オックスフォードを再現したものです。  当時、自動車の普及とそれに伴う道路の舗装化により、アメリカの地方都市で人々が日常履く靴が、ブーツから短靴へと急速に変わっていきました。そうした時代のニーズに合わせて、レッド・ウィングも数多くの短靴を発売しました。中でも、ハイキングやゴルフといったアウトドアでのスポーティーな用途に向けて開発されたのが、スポーツ・オックスフォードです。当時まだ珍しかったマルチユースな靴として高い評価を得て、ベストセラーとなりました。  今日のスニーカーが、体育館でのスポーツ競技用の靴であり、現代のように幅広く履かれることのなかった当時、このスポーツ・オックスフォードは、現在のスニーカーのように汎用性の高い靴として親しまれたのです。  レッド・ウィングがその時代に採用し始めたモカシンタイプのつま先(モックトゥ)デザインを、先芯を入れないフラットボックス仕様としたことで、アクティブな動きでも快適に履くことができました。  ソールには、当時開発されたばかりのグロコード「キングB」ソールを使いました。このソールは、ビブラム・ラグ・ソールの誕生より約20年前に、グリップの良いラグパターンを持つ画期的なソールとしてアメリカで開発され、アウトドア用の靴から日常履けるスポーティーな靴まで幅広く使われました。今回、当時のレッド・ウィング社スポーツ・オックスフォードの姿をより正確に再現するため、Vibram USA社の協力を得て、このグロコード「キングB」ソールを復刻しました。  かつてスポーツ・オックスフォードをベストセラーとしたこれらの特長は、今日でも十分通用するものです。本格的なグッドイヤーウエルト製法でつくられた靴の中では、際立って軽快な履き心地。レッド・ウィングらしい、履くほどに深まるレザーの味わい。1930sスポーツ・オックスフォードは、古きよきアメリカの佇まいを持つ、個性溢れる靴なのです。

■サイズ換算表(USシューズ)

US(inch) 8.5 9 9.5
日本(cm)

26.5

27.0

27.5

※表示しているサイズはあくまで目安です。