• 商品写真01
  • 商品写真02
  • 商品写真03
  • 商品写真04

WAREHOUSE 1221 U.S.ARMY DENIM PANTS

1930年代まで米陸軍で使用された雑役用のワーキングセットアップです。

アメリカの陸軍では、第二次世界大戦時は、既にBDUやワークウェアに防毒性が高く、保護色となりうるODグリーンのヘリンボーンツイルを使用しているため、1940年代には既に正式に採用されていないといわれています。

当時の資料を紐解くと、1930年代から施行されたニューディール政策の一貫であるCCC(市民保全部隊)が着用しています。

パンツのデザイン自体は第一次世界大戦以降に作られたブラウンデニムとほぼ同じものであり、股上が深く、ゆったりとしたシルエットはあらゆる用途に向けたワークウエアであることを物語っています。

8番×10番 ライトオンスサンフォライズドデニム

■実寸サイズ(cm)

  34 36
ウエスト 86.0 90.0
股上 32.0 33.5
股下 82.0 82.0
裾幅 23.0 24.0

ワンウオッシュ済みです